観光情報

お城

岡崎城

「岡崎城」建物の中は展示室となっていて一般の人でも入ることができ、天守閣に上って景色を眺めることもできます。岡崎公園内には、天守閣の他にも家康の産湯の井戸やえな塚などが残されています。

岡崎城 外部リンク

四季折々のやなの風と香り

薬膳亭そば道場 男川やな

「薬膳亭そば道場 男川やな」 すがすがしい額田の自然の中に身を置いてみませんか… 
男川のやさしい風が心をあらってくれます。
春から夏にかけてのやなやバーベキュー、秋から冬にかけては額田でとれたそば粉を使ったそば打ち体験やそば料理、むぎとろ、薬膳料理、猪、鹿料理などをお楽しみいただけます。

男川やな 外部リンク

男川やな 特別プラン・ご予約

テーマパーク・名所

岡崎中央総合公園

「岡崎中央総合公園」 岡崎中央総合公園は、岡崎市のほぼ中央に位置し、面積約189.3haの広域公園です。国道1号線や東名高速道路岡崎インターからも近く、園内は、スポーツ、文化、家族、自然、の4つのゾーンに区分し整備されていす。文化ゾーンには、美術博物館(マインドスケープ・ミュージアム)もあります。

ラグーナ蒲郡 外部リンク

八丁味噌カクキュー

「八丁味噌 カクキュー」 家康生誕の岡崎城より西へ八丁はなれた八町村、 ここにて当家の始祖・久右ヱ門勝久が味噌の仕込みを始めたのが、八丁味噌の起こりと伝えられています。その八丁味噌の伝統を守り製造しているのがここカクキュー。 2006年度NHK朝の連続小説ドラマ「純情きらり」のロケ舞台になった話題の場所です。

八丁味噌 カクキュー 外部リンク

まるや八丁味噌

「まるや 八丁味噌」 岡崎城の西、八丁(約870m)の距離にある、八丁村(現在は八帖町)にある、東海道を挟んで2社の味噌蔵、まるや八丁味噌、カクキュー八丁味噌の2社が江戸時代から、手を取り、時には競い合い、伝統製法で味噌作りを行っている。

デンパーク 外部リンク

岡崎信用金庫資料館

「岡崎信用金庫資料館 (旧商工会議所)」 籠田公園の南東にある美しい洋風煉瓦造りの建物。明治の始め岡崎貯金会社が設立、明治23年岡崎銀行となりました。その本店として大正6年に建てられたものです。昭和55年には岡崎信用金庫が買収し、建物の保存と共に金融機関の資料館として一般に公開されています。

岡崎観光協会 外部リンク

二十七曲りとは

「二十七曲りとは」 城下の道は、外敵には城までの距離を伸ばし、間道を利用して防衛することができる屈折の多い道が常で、岡崎はその典型。これが二十七曲りです。徳川安定政権の時代、城下町・宿場町として栄えていきました。現在のまちなかにも、二十七曲りを示す碑を見つけることができます。

岡崎観光協会 外部リンク

豊田スタジアム 国内最大級の球技専用競技用。J1リーグ 名古屋グランパスエイトのホームスタジアムです。

豊田スタジアム 外部リンク

香嵐渓

「香嵐渓」矢作川の支流にあり、川の両岸は約4000本のカエデが立ち並び、11月の中旬頃にはみごとな紅葉でおおわれます。

香嵐渓 外部リンク

三河武士のやかた家康館

「三河武士のやかた家康館」 家康公の人間像と家康公とともに天下統一を成し遂げた三河武士の歴史を貴重な展示物を通して紹介する歴史資料館です。

三河武士のやかた家康館 外部リンク

ラグーナテンボス

「ラグーナテンボス」 夢いっぱいの海のテーマパーク。多彩な冒険、エンターテイメントを体験できます。様々なアトラクション、イベントが盛りだくさん。海辺のショピングモール、レストランもあり、自然豊かな三河湾を望む複合型リゾート。

ラグーナテンボス 外部リンク

お寺

大樹寺

「大樹寺」松平家、徳川家の菩提寺。19歳の家康公が桶狭間の合戦からこの寺へ逃げ帰り自害しようとしたが、住職に諭され再生の決意を固めたと伝えられています。

大樹寺 外部リンク

page up